ETSによって開発された、英語による基礎的なコミュニケーションを評価するためのテストです。いわゆるTOEICテストとは内容が異なります。

位置づけ的には、TOEICよりも「易しくて」「日常的で身近な」「時間の短い」初級学習者向けのテストですので、小中学生などで英語力を測りたい場合に受験するという利用シーンだと思います。

内容だけでなく、テスト時間もTOEICテストの半分の時間で設計されており、リスニングセクション(25分間・50問)と、リーディングセクション(35分間・50問)、合計1時間100問となります。

TOEIC Bridgeのテストに収録されている音声は、TOEICテストよりも遅く、ネイティブの人がゆっくりと注意深く話すくらいのスピードを想定しています。

英会話学習をはじめたばかりで、まずは基礎固めからスタートしている場合など、いきなりTOEIC試験を受けるよりも、TOEIC Bridgeで基礎力を確かめてから、というステップで利用するのも良いでしょう。

TOEIC Bridge公式ワークブック  TOEIC Bridge公式ガイド&問題集  受けてみよう! TOEIC Bridgeテスト 完全模試3回分  TOEIC Bridgeスピードマスター