スピーキングのトレーニングは、実際にネイティブの人と英語で会話します。
TOEICのテスト内容とは直接関係ありませんが、スピーキングを鍛えることは、スコアアップの1つの方法でもあります。

スピーキングのトレーニングをはじめるタイミング

スピーキングは、リスニング、リーディングにある程度自信を持てるようになってからでも遅くないと、個人的に思います。
リスニング、リーディングもおぼつかない状況での英会話レッスンは、「アハ、アハ」と言ってるだけですし、会話が理解できない部分があっても、英語で質問もできないわけですし、仮にできたとしても、何を教えてもらってるのかさっぱりわからない状態です。

これでは、高いお金を払って英会話教室に通っても意味がありませんよね。
中には、基礎からコツコツと丁寧に教えてくれて、レベルアップを促してくれる英会話教室もありますが、そういうところは、レッスンの外で実施すべき宿題・課題がたくさんあって、それらをきちんとこなすことでベースを築きつつ、学んだことを少しずつ英会話レッスンの中で実施していくという手順をとっているのではないでしょうか。

英会話教室以外でのトレーニングの重要性

結局のところ、英会話レッスンを実際に受けている場面意外での英語力底上げが不可欠なので、前述のように、ある程度リスニングとリーディングに自信を持てる段階にきてから、スピーキングで実際に英語を使う、という状況を作るという手順でも十分だと個人的に思うわけです。

ただ、教室に通うことで、レッスン外の学習に対する強制力が働いて、習得が進めやすいというタイプの人もいると思います。そこは自分自身の性格やスタイルをうまく見極めていただければよいと思います。

英会話教室の選び方

英会話教室の選び方ですが、少し値段は高いですが、マンツーマンで個人レッスンをしてくれるところがよいです。他の生徒と先生の会話を、ふんふんと聞いているのでは密度が低いです。マンツーマンで密度の濃い英語タイムを演出するのがスコアアップの秘訣だと思います。

おすすめ英会話教室

わたしのおすすめする英会話教室は7アクトです。
マンツーマンレッスンの上に価格もリーズナブルですし、メニューによってはきちんと学習法のコンサルティングをしてくれます。実際に私も7アクトで紹介された講師とレッスンをしていますが、レッスン経験も豊富でいろいろと工夫を凝らしたレッスンをやってもらっています。講師仲間と一緒に飲みに行くときに、一緒に同行して会話レッスンというのが、個人的には一番のお気に入りです(笑)

同じカテゴリーの記事