中上級レベルの方は、辞書をたくさんひかなくても読めるレベルの英文を多読するのが効果的です。

多読することで、英語が持っているリズム、語幹をなんとなく体に刷り込んでいくことができます。リズムよく読むことが重要になるので、あまり難しい単語の出てこないものを選ぶのがよいでしょう。

洋販ラダーシリーズは、語彙数別に分かれているので、自分のレベルに合わせて多読することができる素材がたくさんあります。

中上級レベルであれば、LEVEL3(1600語)~LEVEL4(2000語)あたりのものを片っ端から読んでしまうのがよいでしょう。語彙力的には、さほど高いレベルではないものなので、サクサクと読み進めていけますので、前述のようにリズムや語幹を体得していくにはちょうど良いレベルだと思います。

テーマ的には、小説などが多いので、自分が昔好きだったものを選ぶのも、モチベーションを継続するという意味では効果的でしょう。「赤毛のアン」「シャーロックホームズシリーズ」などは、昔好きだった方もいらっしゃると思います。

私は小説が好きなので、赤毛のアン(LEVEL3)や星の王子さま(LEVEL2)を読んだりしていますが、日本語で読んだニュアンスとまた違う感覚もあり、楽しく読んでいます。

赤毛のアン (洋販ラダーシリーズ)をAmazon.co.jpで購入する
赤毛のアン (ラダーシリーズ)

星の王子さま (洋販ラダーシリーズ)をAmazon.co.jpで購入する
星の王子さま (洋販ラダーシリーズ)

同じカテゴリーの記事