48問、4択です。
いわゆる長文の英文を読み、内容に対する質問に適合する解答を選択肢の中から選びます。1つの英文に対して複数の設問があります。

いよいよTOEICの最後の山です。もうひと踏ん張りの集中力を発揮したいところです。

1つの長文に対して複数の設問がありますので、各設問で問われている情報を英文から拾っていくことになります。

英文自体は、超難解なものではないため、受験英語を経験されている方であれば、時間をかければ、内容も設問で問われていることもだいたい理解できる方が多いと思います。

ただ、最後のPART7で、時間も限られている中でそれなりにボリュームがあるわけです。

問題によっては、英文をすべて読まなくても解答できるものもありますので、先に設問にざっと目を通して、何を問われているのかがシンプルなものであれば、その情報を英文を流し読みしながら拾っていくことで解答が得られるでしょう。

一方で、内容をきちんと理解していないと解けないものもあります。
この場合は、なるべく速く、きちんと英文を理解する必要があります。

PART7を攻略する力をつけるには、英文の精読と多読をこなしながら、読むスピードを上げていくことが必要となります。

受験英語経験者は、大学受験時に精読をかなりこなしている方も多いt思いますので、多読を中心とた学習でも点数アップの効果があると思います。

受験時に英語の精読の量をこなしていない人は、もう一度やり直す必要があります。

TOEICテスト 他パートの対策

同じカテゴリーの記事