30問、4択です。
流れてくる説明文を聞き、その文章に基づく質問に対する適切な答を選択肢の中から選ぶ問題です。1つの説明文につき、設問は3問あります。

説明文の内容を理解し、その内容に対して解答を選ぶわけなので、PART3と同様に問題文を先に読んでおくことが重要になります。

PART4では、1つの説明文に対して複数の設問があるため、先に問題文を読んでおくために十分な時間がありません。

そうなると、英文をリスニングしながら設問と選択肢を読み、設問で問われているポイントを英文からきちんと聞き取る必要があります。英会話に慣れていないと難しいと感じる方も多いかもしれません。ただ、全くテクニックがないというわけではありません。

・リスニングの英文から会話全体の内容を具体的に頭に入れる力
・設問の英文をサクっと読解する力

この2つがあればTOEICのスコアをかなりアップできるはずです。

リスニング力は音読で、設問の英文をサクっと理解するには多読で対応します。

音読では、英文がすんなりと口から出てくるまで繰り返し声に出して読みます。
教材としては、中学英語の教科書、教科書ガイドが有効です。

多読は、辞書をひかなくても理解できるレベルの英文教材の量をこなします。
洋販ラダーシリーズは、英語のレベルも段階的に用意されており、出版されている量も多いので、非常に使いやすい教材です。

TOEICテスト 他パートの対策

同じカテゴリーの記事