10問、4択です。
PART1は写真を見て何をしているのか答える問題です。

リスニング全体の中でも、もっとも簡単なパートなので、取りこぼしは避けたいところです。
感覚的には、問題で話される選択肢のうち、正解以外は明らかに違うこと言っています。

ひっかけ的に、ぜんぜん違うこと言ってるのに、写真に掲載されている物を引き合いにだしていたりするんです。
例えば、レストランで数人でテーブルを囲んで食事をしているシチュエーションの写真が掲載されていて、「テーブルを運んでいる人がいる」といったひっかけです。

日本語で言われれば明らかに間違っているんですが、英語だとtableってのが聞こえるとその選択肢に引っ張られてしまうわけですね。

そんなわけなので、PART1は、単語を拾って意味を想像するのではなく、センテンスで意味をとらえられる耳を養うのが重要です。

単語を拾っていくのではなく、どういう行動をとっていることを表現しているのか。
センテンスを意識しながら、リスニングを鍛えましょう。

TOEICテスト 他パートの対策

同じカテゴリーの記事