英語のディクテーションは、果たしてどのような効能があるのかについての経験をまとめてみました。

ディクテーションできる状態とは

音声で流れてくる英語を間違えずにディクテーションできる状態は、私の経験上では、同じスピードで同じ英文を自分で話せる状態になっている状態です。

この際に、単語や英文の意味がわかっている必要はありません。英単語の羅列だとしても、同じように発音できる状態になっているということです。

英語のディクテーションを実践する

どのようなトレーニングを行えば、聞こえてくるままに自分で英語を発音できるかですが、これも私の経験上では、音読+シャドウイングの効果が高いと思います。

トレーニング手順

私は、nintendo DSとえいご漬けDSを使って下記の手順でトレーニングしました。

  • えいご漬けDSから流れてくる英語をディクテーション
  • 一度でわからない英語は何度も聞きなおしてディクテーションをやりきる
  • ディクテーションした後、英語を何度もリピート再生して自分の口で同じように発音できるまでシャドウイングする
  • 特にわかりづらからった英語はチェックを入れておき、後で復習シャドウイングを行う

これらの手順をしっかりとこなし、えいご漬けDSをコンプリートするだけで、リスニングセクションのスコアで400点を突破することができました。

ぜひ試してみてください。

関連記事

えいご漬けDSでリスニング強化する方法
任天堂DSの英語学習ソフト、えいご漬けDSでディクテーションを…

きちんと聴き取る
リスニングは、流し聴き系の教材が人気です。一生懸命記憶した…

同じカテゴリーの記事