通勤時間にiPodなどを利用してリスニングされている方は多いと思います。ただリスニングして終了なだけではなく、もう1つ加えることで、より効果的な学習になります。

ポッドキャスティングの良いところ、悪いところ

CNNのポッドキャスティングなども生の英語で、ナチュラルスピードになれるというのはいいのですが、なんども繰り返し聴いていると全体の意味はわかるようになるのですが、どうしても聴き取れないフレーズが出てくると思います。

この聴き取れないフレーズを、実際の英文できちんと確認し、何度か音読して口に慣らすことで、再度リスニングをすることで、きちんと聴けるようになります。

英文を口に慣らす

リスニングの後に、きちんと英文を確認して口に慣らすというプロセスを1つくわえるだけで、より効果的にリスニング力をアップさせることができると思います。

前述のポッドキャスティングの場合、英文が添付されていないケースも多いと思います。なので、できれば英文と音声が一緒になっていて、ネイティブスピードで読まれているものを使ったほうが良いです。

ハイスピードの英文を聴き取るトレーニング教材

洋画で話されている英語の中には、非常にスピードの速いものもありますので、それらを題材にした教材も効果的です。

私のオススメは、ボトムアップ式 映画英語のリスニング 新装版―NewYork Detective Storyです。ナチュラルな音変化が収録されています。

ボトムアップ式 映画英語のリスニング 新装版―NewYork Detective StoryをAmazon.co.jpで購入する
ボトムアップ式 映画英語のリスニング 新装版―NewYork Detective Story (CD BOOK)

同じカテゴリーの記事