私の経験上、任天堂DSの英語学習ソフト、えいご漬けDSでディクテーション(書き取り)を行うと、リスニング力が向上します。えいご漬けには、PCソフト版もありますが、持ち歩きの利便性を考えると任天堂DS版の方が便利です。

えいご漬けDSでのトレーニング手順

トレーニングの手順は以下になります。

1.各項目(1-1、3-2など)についてスケジューリングします。
スケジューリングは、紙の手帳でもいいですし、GoogleカレンダーなどオンラインのものでもOKです。いつでも確認できるものにしてください。TOEIC受験のスケジュールに合わせて、いつまでにトレーニングを終了させるのか、を決めると割り振りがしやすいと思います。

2.スケジュールにしたがって各項をこなしていきます。
とにかく闇雲にこなします。遅れが出たら、翌日に取り返す気合いが必要です。とにかく短期間で、えいご漬けDSをやりきることが非常に重要です。気合いで乗り切ってください。やる気になれば3週間でコンプリートできると思います。毎日、任天堂DSを持ち歩くのは基本です。

3.各項をこなしていく際、一度で書き取りできなかった文については、右下にあるチェックボックスにチェックを入れてください。また、解答終了後に「聴く」ボタンを押して、えいご漬けDSと同じ速度、同じ発音で自分の口から出せるようになるまで繰り返し問題文を音読してください。

4.トレーニングに飽きてきたら、えいご漬けDSの中にあるレベルチェックを行ってください。1日1回しかできませんので、気合いを入れてやりましょう。逆に1日1回の清涼飲料水だと思えば、自ずと気合いも入ります。

5.チェックを入れた英文だけをリスニングできる機能があるので、ひたすら聞いてください。直感的に意味が理解できたもの、英文がスラスラと頭に浮かんでくる英文は、チェックをはずしてください。もうマスターしているので聴かなくて大丈夫です。すべてクリアできるまで聴きましょう

上記をすべてコンプリートしましょう。やってみるとわかりますが、任天堂DSの持ち歩ける便利さ、恐るべしです。一度の充電で電池も長持ちですし。

えいご漬けDSによるTOEICの学習で重要なポイント

もう一度繰り返しますが、設問を解いた後に、必ず自分の口で同じように話せるようにすることが重要です。コツとしては、英文を読むのではなく、聴いたままを発音するようにするといいです。

私の場合、任天堂DS+えいご漬けDSのトレーニングだけで、TOEICのリスニングのスコアは400点台になりました。やっている間はストイックな気分でしたが、TOEICテストの結果が返ってきたときは、逆にびっくりしました。というのも、えいご漬けDSはゲーム感覚でやっていたのもあって、リスニングのスコア400点を超えるなんて思っていませんでした。

効果絶大です。ぜひチャレンジしてみてください。

Nintendo DSを使ったことがない?

やや私見が入りますが、Nintendo DSを活用しない手はありません。
持ち運びの便利さは、他の教材を圧倒すると思いますので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬けをAmazon.co.jpで購入する

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

ニンテンドーDSiをAmazon.co.jpで購入する
ニンテンドーDSi ホワイト

リスニング強化関連コンテンツ

きちんと聴き取る
リスニングは、流し聴き系の教材が人気です。一生懸命記憶したり、書き取ったりしなくてもよく、ただ聞き流しておくだけでよいのですが、本当にこれだけでリスニング力が身に付くのでしょうか。

通勤時間のリスニング
通勤時間にiPodなどを利用してリスニングされている方は多いと思います。ただリスニングして終了なだけではなく、もう1つ加えることで、より効果的な学習になります。

本番直前にはディクテーションで耳を慣らす
TOEICのテスト当日、本番前は意外に時間があるものです。周囲はなんとなくリスニングをしていたり、問題集を見ている人もいますが、だいたいは何もせず、ぼーっとしている人が多いです。

多聴と精聴
リスニングにもメリハリが必要です。いつも流して聴き取り、いつもきっちり聴き取りではなく、両方をバランスよくやりましょう。

英語のスピードに慣れる
TOEICのテストで使用されている英会話と実際のネイティブの話す英会話は明確にスピードが異なります。洋画を観ていてもわかるでしょうけど、ネイティブの話すスピードの方が明らかに速いです。

同じカテゴリーの記事