TOEICの主催団体であるETSが認可しているTOEIC教材で、ETSのロゴマークも印刷されています。TOEICのテスト本番を意識して体を慣らしていくのには、最適な教材の1つです。

ETSの認可ということで、TOEICのテスト本番に近い内容です。リスニングセクションの音声も本番で話している方と同じ人がやっているようで、実際に私もやってみましたが、「本番ぽい」というのは一番の感想。

掲載されている英文の中には、TOEICのテストに実際に使われているものもあります。選択式問題で、設問設定箇所は異なっているという違いはありますが、TOEICに出題される英文のレベルに非常に近いという点が、Tactics for TOEICの大きなメリットです。

Tactics for TOEICは、模試だけでなく、TOEICの攻略に向けた知識やスキルを学べる内容になっています。テストの形式に慣れるだけでなく、攻略法まできちんと身につけていけるのは、他の参考書にない良い点だと思います。

私自身も、TOEICのテスト内容に直結した攻略法がきちんとやっておらず、実際の英会話に向けた勉強法を中心でやっていたのですが、短期にTOEICのスコアアップを意識した勉強法としては、Tactics for TOEICを用いるという選択肢はアリだと思いました。

Tactics for TOEIC Listening and Reading Test Student BookをAmazon.co.jpで購入する
Tactics for TOEIC Listening and Reading Test Student Book

同じカテゴリーの記事