Live not to eat, but eat to live

意味は「食べるために生きず、生きるために食べろ。」です。

身にしみることわざですね。生きるために食べている人は、現代の世の中では意外に少ないのかもしれません。私もなんとなく思い当たるような。。。

命令文をbut接続詞でつないでいます。似たような英文をつなげているので、きちんと単語を追わないと意味を間違えてしまいそうな構造ですね。

同じカテゴリーの記事