Walls have ears

意味は「壁に耳あり障子に目あり。」です。

誰も聞いてないと思って、もしくはここだけの話、という話はすぐにひろまってしまうものですね。本当に壁に耳が有るのでは?と思うほどです。

wallという物質を擬人化して用いています。SVO文型なので、壁が耳を持っている、と直訳されますが、Wallをウォールさんという固有名詞と勘違いしないようにしましょう(さすがにいないか)

同じカテゴリーの記事