What is learned in the cradle is carried to the tomb.

意味は「幼時に覚えたものは死ぬまで忘れない。」です。

スズメ百まで踊り忘れず、とも訳されることわざのようです。幼少期の記憶というのは、忘れているようで体に刷り込まれているものなんですよね。

関係代名詞のwhat節が主語となっています。what節の中と、本文の両方が受動態で表現されているので、一見読解に戸惑いますが、落ち着いて構文を理解すればわかりますね。

同じカテゴリーの記事