He who makes no mistakes makes nothing.

意味は「過ちのない者は何も作り出せない。」です。

失敗は成功の母という言葉もありますが、何事も行動して過ちをおかすくらいで動かないと、事をなすという事はできないということですね。

makesが2度も出てきて面食らうところもありますが、最初のwho節の関係代名詞をきちんと捉える事ができれば、SVOのシンプルな文型であることがわかります。英語で会話する際には、三人称単数現在のsを忘れがちなので、注意が必要です。

同じカテゴリーの記事