コーチングって何?という方もいらっしゃると思いますが、野球やサッカー、ゴルフなどのスポーツのコーチを思い浮かべればわかりやすいと思います。TOEICの学習をコーチしてもらうのです。

TOEIC学習は、自分自身でやるものです。

一人で悶々とやっていると自分への言い訳もしやすい環境になります。

「今日はこれくらいでいいか。また明日にしよう。」
といった先送り癖もついてしまうかもしれません。

学習の計画を立て、日々の進捗をコーチに報告する。

できたこと、できなかったこと、うまくいったこと、いかなかったことなどをコーチングの会話の中で繰り広げていきます。

ブレストをやっているときなど、人と話していると自分の考えがまとまってきた、という経験はありませんか?

それを学習のプロセスの中にも持ち込むのです。

自分がうまくいくパターン、うまくいかないパターンなどを客観的に見つめ直すことで、TOEIC
の学習方法に自分なりの工夫を盛り込んでいくことができます。

そして得られた成果、TOEICのスコアをコーチとともに喜び合いましょう。

いわゆるビジネスでコーチングをやってらっしゃる方に有料でお願いするのも良いだと思いますし、英会話レッスンの講師にボランティアでコーチ役を担ってもらうのも良いと思います。

同じカテゴリーの記事