目標とスコアをリンクさせるとは、例えばTOEICで800点取れればマネージャーに昇進できる、という風に数字を具体的なイメージに落とし込むことです。

TOEICで満点を目指す!というと勢いもあるし、聞こえもいいですし、達成できればヒーロー、ヒロインだと思います。

一方で満点を取ることに内包されている意味も重要です。

  • 満点を取れば今の会社で海外の事業部に赴任できる
  • 満点を取れば留学審査の提出資料として有利になる
  • 満点を取れば海外で起業して自分のビジネスを展開できる

このような動機付けがある方が、単純に数字のスコアの向上を目指すよりも、学習すること、努力することの意味合いがイメージできます。

TOEICの学習をしていると、スランプに陥るときもあると思います。
そんなときに「なんでこれやってるんだっけ?」という自問自答がわき上がったときの自分への解答が、この具体的なイメージです。

そうだった、自分は海外留学したいんだった。海外留学することで仕事の幅も広がるし、日本にいるだけでは出会えないような会うことができるし、自分にない価値観に触れる機会も広がるはずだ

といったイメージが頭の中をめぐり、また学習へと戻っていく意欲をかきたててくれると思います。

同じカテゴリーの記事