TOEICの学習を含め、勉強というのは、どのくらい積み上げてきたのかをログ化して、あとから振り返れるようにしておくと、スランプになってしまった際などの励みになります。

当初作成した、学習スケジュールのフォーマットの中に、達成チェックボックスを用意してみるのも良いかもしれません。

当初の計画に対して100%の進捗でなかったとしても、教材を3つコンプリートしたとか、単語集を2回繰り返しきった、といった事実を振り返ることができるとモチベーションがあがります。

目の前の学習タスクをこなしていると、今日はできた、昨日はできなかった、くらいしか認識できませんが、数ヶ月で積み上げることのできる内容は、ものすごい量だったりするわけです。

そうやって自己管理する術も覚えていくと、さらに継続的な学習、モチベーション維持につながると思います。

最近は、インターネット上でタスク管理できるツールもあります。Googleカレンダーのプラグインでも出ていたと思います。

タスク入力に少し手間がかかる部分もありますが、一覧にあるタスクを1つずつつぶしていくのは、なかなか楽しい作業だと思います。

もちろん紙の手帳で管理するのでも問題ありません。
自分に合った自己管理方法を、学習と同時に模索してください。

同じカテゴリーの記事