現在形、過去形、現在完了、過去完了、仮定法 etc… わたしの経験上、時制に関する文法は、わかっているようでわかってないものです。

よく理解していない英文の時制

今も継続していることなのか、過去に終わってしまったものなのか、不躾な言い回しになっていないか、などなど。

わたし自身、このあたりをあまり理解せずに英会話してました。
普通に日常英会話であれば、それでいいかもしれませんが、ビジネスの場面では、会話のニュアンスが異なれば、結論も異なってきます。

「本をなくした」という表現をとってみても、

  • 本をなくして、未だに手元に戻ってきてない
  • 本をなくしたが、無事手元にもどってきた

という違いは、きちんとネイティブの英語では表現されているのです。

時制を理解できるTOEIC学習用書籍

このあたりの違いをきちんと説明していて理解できた本として英語の国の兵衛門―ネイティブが驚くほど会話が上達する英文法の本があります。

目から鱗な内容が満載ですし、イラストを交えながらの読みやすい内容になっていますので、一読してみていただけると幸いです。

英語の国の兵衛門―ネイティブが驚くほど会話が上達する英文法の本をAmazon.co.jpで購入する
英語の国の兵衛門―ネイティブが驚くほど会話が上達する英文法の本

同じカテゴリーの記事