TOEICで一定以上のスコアを取得している場合、就職・転職の際に提出する履歴書の資格欄に記載しておくと、英語力のアピールになります。ただ、あまり有用でないレベルのTOEICスコアを記入しているとネガティブに作用する場合もあります。では、英語力アピールとして、TOEICのスコアを履歴書に書く場合の目安はどのくらいなのでしょうか。

履歴書に書いていい最低レベル

履歴書に書いてアピールになるTOEICスコアの最低ラインは500点くらいでしょう。並レベルです。新卒就職時に企業が期待しているレベルもこのくらいです。

おおまかに分類すると、600-700点台(中級)、800点台(上級)、900点台(仕事で使える)といったところでしょうか。もちろんTOEICが700点台でも、英語ネイティブの人となんら問題なく会話できる人もいますので、あくまで目安として考えてください。

500点以上取るのは難しい?

受験英語で、きちんと英語を勉強した経験のある人であれば、500点以上を取るのは、さほど難しくありません。問題形式に慣れておらず、何を答えるべきか?などに時間を取られると、少し点数が低く出るでしょう。私自身は、新卒で入社した際にある導入研修でTOEICを初受験して440点でした。問題形式を全く知らなかったで、面食らったというのが正直なところでした。初受験される前に、模擬試験やTOEICの問題形式のわかる問題集で確認しておくことをおすすめします。

参考:TOEIC各パートの対策

受験英語を経験したことがない、とても苦手のまま終わってしまったという場合は、コツコツと積み上げるしかありません。昨今は、英語を公用語とする日本企業もチラホラありますので、そういう企業を志望するのであれば、避けては通れない道です。まずは、基礎力を判定するために、TOEIC Bridgeからはじめるの良いでしょう。

何事も「はじめること」が重要です。三日坊主でもいいので、とにかくスタートしましょう。

同じカテゴリーの記事