ニンテンドーの携帯ゲーム機、ニンテンドーDSを利用したTOEICの勉強法のご紹介です。

ニンテンドーDSには、多くのTOEICの学習ソフトが発売されています。

任天堂DSは、携帯ゲーム機なので、通勤などでの持ち歩きも容易にできるため、空き時間の有効勝つように非常に便利です。

自分のTOEIC学習の利用用途に合う物をさがしてチャレンジしてみるとGOODですね。

TOEICのテスト形式でのトレーニング

TOEICの形式に慣れるための教材です。模擬試験とまではいかないですが、音声を聞きながら本番に近い形式でトレーニングを行うことができます。

  • TOEIC(R)TEST DS トレーニング
  • もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング
  • TOEIC(R) テスト公式DSトレーニング
  • 学研DS 新TOEIC(R)テスト完全攻略

リスニング

ディクテーションをやりながらリスニングを強化するトレーニングです。ただディクテーションをやるだけではなく、聴こえてくる音声を自分でもそのまま発音できるまで繰り返し音読することが重要です。

  • えいご漬けDS
  • もっとえいご漬けDS

ボキャビル

通常のボキャビルと違う点として、音声を確認できるので、発音も同時に習得できます。また自分独自の単語帳を作成できる機能のあるものなどもあるので、カスタマイズして利用できます。

  • キクタンDS(Basic、Advance)
  • 英単語ターゲット1900DS
  • 英熟語ターゲット1000DS
  • TOEIC(R) TEST 英単語スピードマスターDS

スピーキング

自分の発生した音声を録音し、ネイティブとの発音のズレをデジタルに解析してくれます。ネイティブの人からの説明を受けるだけでは習得しにくかったところを機械的にトレーニングできます。

  • 学研 えいご三昧DS

それぞれの特徴をもったソフトなので、一概にこれがNo.1というのはないですが、自分の弱点をきちんと分析して、補強に使うという手順でニンテンドーDSのTOEIC学習ソフトを選んでいくのが良いと思います。

同じカテゴリーの記事