TOEICの体験に基づいたスコアアップ勉強法

当サイト管理人は、TOEICのスコア400点台からスタートし、現在800点台という成長過程にあります。日常生活はビジネスマンをやりながら、空き時間を利用してコツコツやっていますので、「たったの3ヶ月でTOEIC800点突破!」といった派手な成長ではありませんが、コツコツと粛々とTOEICのスコアをのばす勉強法を工夫しています。

TOEICの勉強法の秘訣

TOEICの勉強法の一番の秘訣は?と問われれば、私の場合は、やはりコツコツと継続することが一番だと思います。

まだ小学校に入学する前のような幼少期であるとか、小学校〜中学・高校に通っていて、比較的学習時間を自由に使える人であれば、時間をかけて感覚的に学習していく方式も効果的だと思います。特に幼少期は、言語吸収力の高い時期ですので、本人の好き嫌いという不確定要素をのぞけば、比較的容易に英語力を習得できるのではないでしょうか。

まずはテスト形式に慣れよう!TOEICテスト 各パートの対策

ぶっつけ本番でTOEICテストを受験すると、各パートのテスト形式を理解するために時間をロスする可能性もあります。TOEIC勉強法の第一弾は、テスト形式に慣れることからです。各パートの対策について、事前によく理解しておきましょう。

PART1 写真描写問題
10問、4択です。PART1は写真を見て何をしているのか答える問題です。

PART2 応答問題
30問、3択です。音声で流される質問に対して、問題文の選択肢の中から正しい解答を選ぶ形式です。

PART3 会話問題
30問、4択です。2人の間で交わされる短い会話を聞き取った後に、その内容についての質問が流れます。その質問に対して、もっとも適切な選択肢を選びます。

PART4 説明文問題
30問、4択です。流れてくる説明文を聞き、その文章に基づく質問に対する適切な答を選択肢の中から選ぶ問題です。1つの説明文につき、設問は3問あります。

PART5 短文穴埋め問題
40問、4択です。英文に空欄があり、そこにあてはまる単語・語句を問題文にある選択肢の中から選びます。

PART6 長文穴埋め問題
12問、4択です。PART5よりも、やや長い文中に空欄があり、そこにあてはまる単語・語句を選択肢の中から選ぶ問題です。

PART7 読解問題
48問、4択です。いわゆる長文の英文を読み、内容に対する質問に適合する解答を選択肢の中から選びます。1つの英文に対して複数の設問があります。

教材を選ぼう

TOEICのテスト形式を理解したら、次は教材選びです。当サイトでおすすめの教材をリストアップしました。

初心者向け

英語上達完全マップ
TOEICの勉強法をどのように進めていくのかについて詳しく書いてあります。勉強に取り掛かる前に必参照です。

任天堂DSを利用したTOEIC学習
任天堂の携帯ゲーム機、Nintendo DSを利用したTOEICの勉強法です。持ち運びの利便性、教材の難易度からもおすすめです。

TOEICテスト超入門キット(アルク)
TOEICって何?え、英語?!英語は苦手だし勉強もちょっと、、、という方にも、登竜門としてGOODです。

中上級者向け

Tactics for TOEIC
TOEICの主催団体であるETSが認可しているTOEIC教材で、ETSのロゴマークも印刷されています。TOEICのテスト本番を意識して体を慣らしていくのには、最適な教材の1つです。

アルク リピーティングマラソンを活用してスピーキング強化
ある程度英会話を聞き取れるし、意味も理解できるのだけど、いざ話すとなるとなかなか口から英語が出てこない。。。という方におすすめです。

Twitterを活用する
日本でも数百万ユーザーが利用しているというTwitter。そもそもはUSA発のサービスなので、外国人の有名人もたくさん参加しています。ぜひTOEICのスコア向上に欠かせない英語表現を磨く教材として有効活用しましょう。

その他

TOEIC公式教材
TOEIC(R)で公式教材に指定されているものです。

忙殺される中でのTOEIC学習

働き盛りのビジネスパーソンとなると、毎日長い学習時間を確保して、、、とはいかないところもあります。大切なのは、勉強するモチベーションをコツコツと保つこと、時間を上手に使った学習法を取り入れることです。

TOEICの勉強法とあわせてモチベーションを継続するためのコツは非常に重要です。

TOEIC受験に向けて学習計画を立てよう
TOEICに限らず、学習の前にはきちんとした学習計画を立てよう、というのはよく言われます。継続するために、無理なくこなせる量を考えよう、といったものです。

TOEICを定期的に受験する
TOEICの学習を継続する勉強法として最も効果的な手法の1つは、定期的にTOEIC受験をすることだと思います。

教材は1つずつ徹底的に
各トレーニングの教材は、1つずつ徹底的にこなすことは、スコアアップ勉強法において非常に重要です。

勉強したログを記録しておく
TOEICの学習をどのくらい積み上げてきたのかをログ化して、あとから勉強法の振り返りができるようにしておくと、スランプになってしまった際などの励みになります。

興味のある素材を選ぶ
英語リスニングの素材選びの際に、ストイックに時事ネタなどだけにしてしまうと飽きてくることもあると思いますので、興味ある素材も適度に活用するとモチベーションを保ちやすいです。

目標とスコアをリンクさせよう
目標とスコアをリンクさせるとは、例えばTOEICで800点取れればマネージャーに昇進できる、という風に数字を具体的なイメージに落とし込む勉強法です。

TOEICの学習進捗をコーチングしてもらう
コーチングって何?という方もいらっしゃると思いますが、野球やサッカー、ゴルフなどのスポーツのコーチを思い浮かべればわかりやすいと思います。TOEICの勉強法をコーチしてもらうのです。

ランキングよろしくお願いします

TOEICのスコアアップ勉強法は、ランキングへも参加しています。クリックのご協力、よろしく願いします!
英語学習ランキング
toeicのスコア